お客が欲しがるものを切らしたらどうするかって話【ビジネスーン】

ぼんじゅーる!

ビジネスのビジネスーンによるビジネスのための暇つぶし。でも、ゆるーいノウハウ・ゆるーいHOWTO・ゆるーい気持ちになれるように言いたい放題。

世界中の暇する営業マンから金融マンにサラリーマン、投資家に起業家、経営者労働者諸君。

さらにはそこらへんの嬢ちゃん坊ちゃんに将来夢見る学生さん。

とりあえず眠気覚まし、暇つぶし、仕事辞めたいって会社辞める前にちょっと寄ってけよ。

今回の暇つぶしは、

『お客が欲しがるものを切らしたらどうするかって話』

お客が欲しがるものが切らしたら別のものを売る?

それともまた売れるようになるまで待たせておく?

それともそもそも品切れにならんように増産する?

これをみよるそこのあなた。

どれを選んだ?

大学中退、中卒、高卒の就職なら、第二新卒エージェントneo無料で研修を受けながら就活も【ウズウズカレッジ】

結論、こーしたらいっちゃね?

『品切れしないようにたくさんの量を用意するか、少しの間待たせておくのがいいけん。人は人が欲しがるものが欲しくなる変な生き物やけん』

ここでそもそも品切れしたらそもそも似たような違うものを売るって選んだ人。

残念やけどあんまりいい選択とはいえんけん。

お客さんが欲しいのは「欲しい商品」であって「欲しかったものの代わりの商品」ではないってこと。

これは似とるようであって全く違うけん。

どんだけ違うかって言うとウインナーが欲しかったのに売り切れとるけん魚肉ソーセージ買わされたくらい違うけん。

ま、魚肉ソーセージもうまいけどね。

てな具合でそもそも一番人気商品を切らさないようにするのが最善策。

そこで急いで用意するために多少コストがかかったとしてもそれを上回る売り上げが見込めるなら、コストをかけてでも早めに用意したほうがいいけん。

次に少し待てばコストは普通通りで用意できる場合はそれでもいいけん。

むしろ少し待たせたほうが人気商品の人気がさらに上がったりもするしね。

なぜかって?

人は他人が欲しがるものが欲しいっていうよくわからん生き物やけんね。

そこで欲しいのに売り切れて手に入らんってなるとどうにかしてでも欲しくなるっていう感情が生まれてくる。

やけん少し待たせるのはいい選択やけん。

そのとき順番待ちのリストを作ればなおよし。

ただこれにもデメリットがあってあまりにも待つ時間が長すぎると同じようなものが出てきたり他で買ったりしてしまうけんね。

それでも待たせる時間がかかってしまうときはちょっとだけ人を引き止める方法があるけん。

それは出来上がるまでの間にちょこちょこ進捗状況のレポートってか便りを順番待ちの人に出すってこと。

これをするだけでも自分のためにこうやっていま用意してくれているんだって思ってくれて長い間待ってくれる人が多くなるはずやけん。

もしくはもっと確実な方法でいくと先に1割くらいの手付金を払ってもらっとくってのもいいけん。

ただその場合は届けた後に不具合が出たりするとそっこークレームとか客が離れていくことがあるけんできるだけ完璧な状態で届けるように気を配らんといかんけん。

ま、とにかく人気商品が売り切れたらそれを切らさんようにするかウェイティングリストを作るのがいーね。

まじで人気商品って人が欲しがるものを自分も欲しくなるっていうよくわからんものばっかやったりするしね。

そのためにも同じような違うものじゃだめやけんそこだけ気をつけて。

今の仕事に嫌気がさしたら未経験から最短でエンジニア転職を目指せ

今回のまとめ

『品切れしないようにたくさんの量を用意するか、少しの間待たせておくのがいいけん。人は人が欲しがるものが欲しくなる変な生き物やけん』

とりあえず暇つぶしとか気が楽になったやろ?え、なってない?

そんなん自分の気持ち次第やけん気楽にいこーよ。

もっと真面目にちゃんとした方法が知りたい人は他行け!

それじゃMATANE!

こっちも暇つぶしに読んでく?

NO IMAGE
ほかのも見てみる?